1. 練馬区のカイロプラクティック原口 HOME
  2. こんな方にオススメ

こんな方にオススメ

カイロプラクティック原口では、以下のようなことでお悩みのあなたのお力になれるよう日々全力で取り組んでいます!

カイロプラクティック原口では、AK、QAといったカイロプラクティックの最新テクニックや機能神経学、オステオパシーを組み合わせ、しっかりあなたのお身体と向き合います。

こんな事でお悩みではありませんか?

お身体の状態に合わせた施術だけでなく、日常生活のアドバイスや体質改善のための栄養素チェック、運動法、体操なども併用した総合的なアプローチも行っています。

あきらめずに、ぜひご相談ください。

適応症

筋肉や骨格に関わる症状

適応症

神経系・ホルモン系

適応症

内蔵系

適応症

アレルギー、その他

適応症

予防・メンテナンス効果

適応症

※スポーツやダンス、音楽などのパフォーマンス向上やメンテナンス、免疫力アップ、健康維持のためのメンテナンス、老化防止、ストレス解消、能率アップなどにも優れた効果があります。

また出産を控えた妊婦の方や、産後の体調回復、小児などにも有効で、施術を受ける人が増えています。

禁忌症

適応症
次のような方にはお勧めできません。

痛みと歪みのメカニズムについて

痛みは不快な感覚ですが、「それ以上悪くならないための警告サイン」でもあります。

よく整体などで「身体が歪むから痛くなる」といい「歪みを正すことが根本治療」といっています。一面真実でもありますが、「歪んでいても痛くない人」も存在しますし、「歪みは結果」でもあります。

では、“歪み”の原因は何でしょうか?

当院で行っているAKやQAというテクニックでは弱化筋(弱くなっている筋肉)に注目しています。弱化筋とは、正常に力が入らない(もしくは入りにくい)筋肉のことをいい、専門的な筋力テストをすることではっきりと分かります。

一般に多くの整体やマッサージでは、緊張した(=コッテいる)筋肉を問題と考え、それらをもみほぐそうとします。ところが実際には、緊張した筋肉は弱化筋によって引き起こされた反応であることが多いのです。

骨格は、筋肉の状態にも大きく影響を受けています。骨をポールに、筋肉をロープにたとえて考えてみましょう。
では、この弱化筋があるとどのような事が生じるのでしょうか?

痛みは神経が伝えていますが、脳自体には痛みを感じる特定の部分というのはありません。

脳では様々な部分が関わって痛みという感覚をつくっているのですが、同時に脳には痛みを抑える働きもあります。

その脳が健全性を保つには、身体中の筋肉や・関節、内臓など様々な部位からの感覚信号を受ける必要があるのですが、関節の動きが悪くなったり、筋肉がうまく作用しなくなると、これらの感覚神経刺激が不足し、脳の機能低下が起こります。

すると痛みに対しても敏感になってきますが、やっかいなことに感覚刺激の不足や脳機能の低下は、我々の気が付かない無意識のうちに始まっています。
それらは、また情緒や感情面に問題を引き起こす場合もあります。

※カイロプラクティック神経学(機能神経学)では、機能低下の左右差を特に問題としており、脳の活性化と共に左右の脳のバランスを修正することを治療目的としています。

内臓からの痛みと歪みのメカニズムの例

内臓からの痛みと歪みのメカニズムの例
カイロプラクティック原口
  • 〒179-0074 東京都練馬区春日町4-5-4シャトレ・ユー102号
  • 都営大江戸線 練馬春日町駅 徒歩4分
  • 原口悟史
pagetop