1. 練馬区のカイロプラクティック原口 HOME
  2. ビフォーアフター

ビフォーアフター

実際に利用された方の変化をあなたの目で見て実感してください!

CASE 1 Hさん

ビフォーアフター
  • 左の骨盤が上がり、骨盤全体も左に寄っている。
    また猫背も目立つ。
    上半身が少し右に傾いているため、右手が身体から離れ手の平が後方を向いている。
    耳と肩の高さは右が少し上がっている。
  • 骨盤の傾きも直り、体が真っすぐになっている。
    耳と肩の高さも揃い、右手の位置も改善している。

CASE 2 Iさん

ビフォーアフター
  • 身体が大きく左に傾いている。
    重心線はほぼ右耳を通っている。
    頭部も傾いており右耳が高い。
    右の骨盤が大きく上がっている
  • 身体の傾斜がだいぶ改善し、重心線が中心近くを通るようになっている。
    頭部の傾きはなくなり耳の高さも揃っている。
    骨盤の左右差も減っている。

CASE 3 Sさん

ビフォーアフター
  • 身体が大きく左に傾いている。
    重心線はほぼ右耳を通っている。
    頭部も傾いており右耳が高い。
    右の骨盤が大きく上がっている
  • 身体の傾斜がだいぶ改善し、重心線が中心近くを通るようになっている。
    頭部の傾きはなくなり耳の高さも揃っている。
    骨盤の左右差も減っている。

CASE 4 TFさん

ビフォーアフター
  • 左肩が下がっている、左重心になっているため骨盤から背骨が左に寄っている
  • 重心が正中線上で安定する、
    肩の高さも揃う。
ビフォーアフター
  • 右に比べ、左へ捻りにくかった
  • 左右差がなくなり、
    可動域も大きく改善している

CASE 5 Kさん

ビフォーアフター
  • 身体が左に傾いており、重心は左足にある。
    重心線を引くと右耳のすぐ内側を通っている。
    右肩が上がり、右手の位置も左手より高い
  • 左の僧帽筋のみ治療。
    左肩が上がるも、肩甲骨の高さから頭が左へ傾いている。
  • 頭部も中心に戻ってきている。

アキレス腱の部分断裂の後遺症 Aさん

3ヶ月前、スポーツ(テニス)中にアキレス腱断裂(部分断裂)を発症。病院で1カ月強、ギプスで固定した。ギプスが外れて2ヵ月近く経つが、足に力が入らず、日常の歩行も不安定で来院された。

ビフォーアフター
  • アキレス腱の断裂部分と足首周囲が腫れており、踵もむくんだような感じがしている。
  • アキレス腱をつくっている下腿三頭筋やヒラメ筋などの治療と共に、足の関節矯正、むくみの改善のためリンパ・ドレナージュなどを行ったところ、足に力が入るようになり、腫れとむくみも大幅に軽減した。

サーモグラフィー

サーモグラフィーとは、皮膚の表面温度を測定したもので、数年前にカイロプラクティック大学(RMIT大学日本校)にて測定したもの。
赤は高温で熱感がある部分、濃い青は皮膚温が下がっている部分を表している。

ビフォーアフター

重心分析データ

重心分析データとは、カイロプラクティック施術前後の重心の変化を重心分析器によって測定したデータ
(旧豪州公立RMIT大学日本校カイロプラクティック学科の卒後教育セミナーにて実験)

データ1:前後方向へのブレが安定した。

ビフォーアフター

データ2:大きくぶれていたものが中心に集約されている。

ビフォーアフター

ブラインドスポット

ブラインドスポットとは、眼にある盲点を利用した検査法で、カイロプラクティック神経学の創始者であるDr.キャッリックによって提唱されている脳機能の評価法のひとつです。

左右の脳のアンバランスは、全身に影響を及ぼします。
(詳しくは「カイロプラクティックとは」のカイロプラクティック神経学」をご参照ください。)

基本的な見方としては、ブラインドスポットが大きくなっている反対側の大脳の機能が低下していると判断します
(例;右が大きい場合は左脳の機能低下)。

Mさん 20代 女性

<症状>
毎週のように起こる頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、胃痛、吐き気、時々めまい、冷え症、便秘、時々右足首痛(全て慢性)

ビフォーアフター
  • 両側共に大きいが左側がより大きい
    =右大脳皮質の機能低下
  • 左右差はあるが両側共にブラインドスポットは大分小さくなり改善している。

    経過:2回目のブラインドスポットは2週間後のものであるが、この時点で頭痛はなくなっており、他の症状も軽減していた。その後は、仕事で無理を重ね体調を崩しそうになると来院しているが、以前のような辛い状態には至っていない。

Kさん 30代 女性

<症状>
出産後悪化した頭痛(特に左頚部から左目の奥が痛くなる)−頭痛自体は小学生から、肩こり、冷え症、生理痛、左の坐骨神経痛、不整脈

ビフォーアフター
  • 右側が大きい
    =左大脳皮質の機能低下
  • 両側共に小さくなり大きさはやや逆転している(左脳の機能改善)

    経過:生殖器に関係する中殿筋や内転筋なども弱くなっていた。
    最初の2回は頭痛も強く神経的に過敏な状態だったのでソフトなテクニックを使って頭蓋と頚部の筋膜、頸椎を治療。その後、全体的な治療をしていくと頭痛は起こらなくなった。経過観察も含め4カ月通院して頂いたが、再発もないようなので治療を終了した。

Nさん 10代 女性

<症状>
ふわふわした目まい、肩こり、不眠症、便秘

ビフォーアフター
  • 両側共に極端に大きい(特に右側は測定不可)
    =左大脳皮質の機能低下
  • 当初より大分小さくなり左右のバランスはとれ大きく改善している。

    経過:最初の治療後にふわふわ感が大きく軽減するが、2日後に再発。
    その後、数回にわたって治療を続けると状態が安定してきて、表情にもだいぶ明るさが戻ってきた。
カイロプラクティック原口
  • 〒179-0074 東京都練馬区春日町4-5-4シャトレ・ユー102号
  • 都営大江戸線 練馬春日町駅 徒歩4分
  • 原口悟史
pagetop